FXの簡単な取引のポイント

誰でもやろうと思えばできる資産運用の代表といえば株やFXででしょう。インターネットからいつでも、どこからでも取り引きを行うことができ、価格が上がるか下がるかを予想しながら買いと売りを入れるだけで良い単純な仕組みが魅力です。ただ株の場合は銘柄選びに相当時間をかけて勉強する必要がありますが、FXの場合は銘柄選びにがほとんどありませんので、その分より単純と言えるかもしれません。

また株の取り引き時間は市場が空いている時間帯のみとなるのに対して、FXは全世界で24時間取り引きが行われています。その意味では単純でありながらスケールの大きさは株以上と言えるでしょう。さらにFXには日本と取引通貨国の金利差によるスワップポイントが加算されるというメリットもあります。日本の金利は最低レベルをずっと飛行し続けていますが、他の国では金利が日本よりも高くなってきているため、外貨を持っているだけでも高いスワップポイントを期待することができます。

FXの取り引きでは、買いか売りかのどちらかから入ることになります。買いから入った場合は、買った通貨が上がったのを見計らって売り、売りから入った場合は買った通貨が底値を付けたと思ったら買い戻します。これにより利益をあげていくことができます。為替相場はめまぐるしく変わりますので、相場から目を離すことなく、FXの売買のタイミングをいつも見ている必要があります。しかし、パソコンの前に張り付いているわけにもいきませんので、そのようなときは自動売買のシステムを利用するのが良いでしょう。予め売るタイミングや買うタイミングを設定しておきます。そうすれば、パソコンの画面に1日中張り付いている必要がなくなります。

FXを始めるにあたって重要なことはリスク管理です。これは株を行うときも同じですが、大きな損失を出すことがないように、予想とは反対のほうに相場が動いたときに損失が大きく膨らむ前に損切を行います。損切とは損失を出している状態で決済してしまうことを言います。もしかしたら、その後相場が反転するかもしれませんが、それも覚悟の上で損失が小さいうちに一旦取引を引き上げるのがポイントです。損失が膨らんでしまうと、市場から退場しなければならないほど大きなダメージを負ってしまうことも少なくありません。そうなったらもう一度チャレンジすることができなくなってしまいます。だから、そうならないように一旦損切をして、改めて売買のチャンスをうかがうわけです。
FXFXFX